アルケミスト 錬金術師にあなたもなれる。

  • 投稿日:
  • by

数千年前のエジプトに誕生したアルケミスト(錬金術師)の元祖、ヘルメス・トリスメギトス。

彼は、錬金術、占星術、読心術を創始したと言われており、錬金術は現在においては化学となり、占星術は、天文学となり、読心術は心理学になったとされています。

ヘルメスは、エジプトで世界中の賢者に宇宙と人間をつなぐ秘密、シークレットを伝授しました。

それがキバリオンです。

このキバリオンを構成する7つの要素があり、それらはマスターキーと呼ばれています。

この叡智によって、エジプトの大ピラミッドが建設されたとも言われています。


そして、この叡智は口伝によって賢者から賢者に伝えられ、インド、ギリシャ、ペルシャ、カルデア、ローマ、日本などに伝わっていったとされています。

ヘルメスは、ユダヤ教を興した、アブラハムの曽祖父であるエノクと同じ人物だとも言われています。

エノクは「エノクは神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった」と創世記の5章に書かれています。

そして、このエノク書は今でこそ、聖書の偽典とされていますが、「ユダの手紙」に直接引用されていたり、死海文書発見時には正典と一緒に出てきたりなど、初期のクリスチャンにとっては聖書の一部として扱われてきたことが分かります。


このエノクが秘伝を書き記したものがエメラルド・タブレットであり、後世の作家で、引き寄せの法則の元祖でもある、ウイリアム・アトキンソンが1907年に最終的に集大成としてまとめあげたものがキバリオンになります。


ナポレオン・ヒルやカーネギー、最近のザ・シークレットにつながる人生を偉大なものに変えるための奥義書がキバリオン&エメラルド・タブレットです。

この内容は、しばらく絶版になっていましたが、ヒカルランドからアトキンソン版引き寄せの法則3 秘技キバリオン&エメラルド・タブレットとなって発売されています。

古代の超秘技とも言えるこの内容に触れたい方は、ぜひこの本が絶版になる前に入手して下さい。


これからキバリオン・エメラルド・タブレットの秘密について語っていきたいと思います。